とくしま消費者交流ひろば
とくしまの食
くらしに役立つコラム
消費者交流イベント
消費者トラブル
もったいないっ!から始めよう
生活+α
キッズ
消費生活相談窓口
リンク
くらしの情報大募集!
メールマガジンの登録はこちら
携帯サイト

クリックでURL表示
お問い合せ
Tのためいき
 生活者の視点で、わかりやすい情報を基本とし、法律や経済、くらしの様々な有益な情報をコラムとして、学識経験者や専門的な分野で活躍する方々に寄稿していただいたものを掲載しています。

バックナンバー
たかが一、壱、壹、1、されど       2019/ 6 Vol.101
         〜ピンからキリ・うんともすんとも〜

 数年前のこと。徳島広域消費者協会で創立10周年記念誌を発行し、編集に名前だけ関わった。ある人の文章に「一千円」と言うのがあり、一般にこのような表現より、ただ「千円」と言うのではないか。拾、百の数字は一を略することが多い。「一万円」は「万円」とは言わない。千円は一を付ける境目である。

 数字と言えば「ピンからキリ」のピンやキリが分かりにくい。ネットで気になり調べた。ポルトガルから伝わったカルタで1点札をピン、キリは日本語の終わり、端の意味でカルタの最後の得点12点札。だから、ピンは1点で最低、キリは12点で最高を意味した。ところが江戸時代にピンが一だから最高、キリが最後だから最低の意味に変わった。始めから終わりまで、また、最上から最低まで、のように使われだした。

同じように一や最高数を表すウン(一)、ヌン(最高数)は、始めから終わり、ではない。ポルトガルから伝わった「うんすんかるた」と言うのがあった。数字の一を意味するウン、最高を意味するスンが起源。切り札 1(エース)と最強の絵札を出すときにそれぞれ「うん」とか「すん」とか声を掛けた。かるたで遊んでいて行き詰ったこと。また、カルタに夢中で無口になることを「ウンともスンとも」と言うようになる。

 これには異説も多くて、こんな説が有力とネットで紹介されている。〘感動〙 軽くうなずき、承知した意を表わす語。「うん」に対し、声にならない軽い息づかいを示す。「うんともすんともいわない」。また、それとは別に「音沙汰がない」という意味で「うんだともつぶれたともいわぬ」「うんだものがつぶれた」。あるいは、スンはウンの語呂合わせの語が打消しの語を伴い、応答ない、の意味になったともいわれる。

一か八かは、丁半の字の上の部分の一と八、また、一か罰であるとも言われている。運を天に任せること。
数字でいろいろな表現できるのは面白い。
(写真は恩山寺の石柱)
             徳島広域消費者協会 顧問 三原茂雄


バックナンバーはこちらから
くらしのコラム
データでとくしまを知ろう!数字でカフェ
マネーに興味津々

特定非営利活動法人徳島県消費者協会
〒770-0851 徳島市徳島町城内2番地1 とくぎんトモニプラザ(徳島県青少年センター)5階