とくしま消費者交流ひろば
とくしまの食
くらしに役立つコラム
消費者交流イベント
消費者トラブル
もったいないっ!から始めよう
生活+α
キッズ
消費生活相談窓口
リンク
くらしの情報大募集!
メールマガジンの登録はこちら
携帯サイト

クリックでURL表示
お問い合せ
Tのためいき

【No.830.修理依頼、急いでいても代金は確認を!(2022/1/11)】
 「賃貸マンションの鍵を紛失し、部屋に入れなくなった。慌ててネットで検索し『鍵開け3,000円〜』と書いてあった鍵修理業者に来てもらった。作業が終わったところで出張料、作業料等3万円を請求された。」「トイレが詰まり、マグネット広告の業者を急いで呼んだ。便器の交換が必要と言われ、やむを得ず了承したが、交換後15万円を請求された。」等、緊急事態時の契約トラブルが発生しています。その多くはネットやチラシを見て安価な修理代金を表示していたので来てもらったが、高額な代金を請求されたというものでした。
 修理を依頼するときは、電話をしたときに状況をきちんと説明し、代金がいくらくらいかかるか確認の上、依頼するようにしましょう。いざというときに慌てないように、普段から信用できる業者を調べておくことも大切です。また、ホームページや広告の表示とかけ離れた金額で契約をしてしまったときは最寄りの消費生活センターに相談しましょう。

◇ 消費者トラブルのご相談は、徳島県消費者情報センターへ  
  電 話:088-623-0110

◇ 困ったときは、188番へお電話!!
 188番にかけると、最寄りの消費生活センターや
  消費生活相談窓口をご案内いたします。
  1人で悩まずに、「消費者ホットライン」188にご相談ください。
 「188(いやや)泣き寝入り!」と覚えてね

特定非営利活動法人徳島県消費者協会
〒770-0831 徳島市寺島本町西1丁目5番地 アミコビル東館7階